相場を確認して不動産をお得に購入する|予算内で理想を実現

男女

競売よりも現実的

男女

最低価格が重要

債務の弁済が不可能になってしまった場合に、債権者と債務者が担保不動産の処分に関して相談して、競売ではなく任意売却を選択することが少なくありません。債権者は債務者が自主的に担保不動産を売却することを認めるのですが、それは一般的には条件付きになります。その条件とは売却価格です。債権者は競売よりも高い価格で売却できることを前提に任意売却を認めるのです。競売になった場合の競落価格は債権者が想定できますので、それを上回る価格で売却できるのであれば、相談に応じることができます。債務者は債務の弁済に窮している状況ではあっても、債権者と話し合いができる状態になければなりません。信頼関係がなければ債権者は相談に応じられません。

一定の期間に決着

任意売却には一定の期間が設けられることが一般的です。売却までの期間にも債務には金利が発生しますので、債権者は無期限に待つことはできないのです。任意売却を債権者と相談して認めてもらった債務者は、可能な限り短期間で決着させることが重要になります。少しでも高い価格で売却して債務を圧縮したい考えになるのは当然ではありますが、債権者と合意した期限までに売却しなければなりません。不動産相場が上昇している状況においては、早期に売却ができる可能性が高まります。また、債権者も競売の手間を回避する傾向が高まります。債権者が納得できる価格と期間で担保不動産が処分されて債務の弁済に充当されなければならないのは当然です。